b2ffe539_640
『うたの☆プリンスさまっ♪』は、株式会社ブロッコリーからPSP用に発売された女性向け恋愛アドベンチャーゲーム2011年7月から同年9月まで『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』のタイトルでテレビアニメが放送された。 また、2012年1月15日のライブイベントでアニメ2期製作決定が発表された。2013年4月より放送予定。


第一期

ストーリー

作曲家志望の少女・七海春歌は、アーティストを育成する芸能専門学校「早乙女学園」に競争率200倍の超難関を突破して入学した。学園の慣習に従い、アイ ドル志望の男子1人とパートナーを組んだ主人公は、卒業式に行われる「シャイニング事務所新人発掘オーディション」合格に向けて、パートナーに優勝の栄誉 を齎す楽曲を作るべく、1年間の学園生活を送ることになった。


ゲーム

本編 

うたの☆プリンスさまっ♪

物語は全12章から成り、1章ごとにADVパートとミニゲームパートがある。ADVパートはフルボイス仕様。

うたの☆プリンスさまっ♪ Repeat

「うたの☆プリンスさまっ♪」のパワーアップ版。イラストが全面的に書き直され、システムも改善されている。 追加要素は、ファンディスクで追加されたメモリアル機能、本編END後のアフターエピソード。

ファンディスク 

物語全4章から成り、本編のその後の物語と新曲のミニゲームも収録。音楽用語辞典に変わり、新たにメモリアル機能が追加された。 「Amazing Aria」、「Sweet Serenade」でそれぞれ攻略対象が違う。

うたの☆プリンスさまっ♪ -Amazing Aria-

攻略キャラクターはAクラスの「一十木音也」、「聖川真斗」、「四ノ宮那月」に加え、本編で隠しキャラクターであった「愛島セシル」、本編のサブキャラクターである「シャイニング早乙女」が攻略キャラクターに昇格した。

うたの☆プリンスさまっ♪ -Sweet Serenade-

攻略キャラクターはSクラスの「一ノ瀬トキヤ」、「神宮寺レン」、「来栖翔」に加え、本編のサブキャラクターである「月宮林檎」、「日向龍也」が攻略キャラクターに昇格した。

続編 

うたの☆プリンスさまっ♪ Debut

早乙女学園で行われた卒業オーディションから1年後、シャイニング事務所マスターコースでのデビューするまでの物語が描かれている。また、新規キャラクターとしてシャイニング事務所の先輩キャラクターが登場する。

うたの☆プリンスさまっ♪ All Star

「Debut」ではサブキャラクター扱いだった先輩4人が攻略キャラクターに昇格した。

音楽ゲーム 

うたの☆プリンスさまっ♪ MUSIC

本編、ファンディスクのミニゲームとして収録された演奏試験をまとめたゲーム。演奏可能楽曲は既存のゲーム、アニメ関連CDに収録されたキャラクターソング全31曲。

音楽ゲームの内容に加えて一定の条件をクリアするとシチュエーションシーンのプレイが可能。また、音楽ゲーム中のキャラクターの衣装や背景の変更が行えるカスタマイズ機能が搭載されている。



ゲームとの違い

  • 春歌は入学当初、作曲をしたことがなく、楽譜を読む、譜面に起こすことも出来なかった。ゲームでは入学前からストリートライブなどを行っており、入学願書と共に自身が作曲した曲を学園に送っている。アニメでは幼少期の病弱設定がある。
  • 砂月は音楽に対してかなりの情熱があり、暇さえあれば作曲を行っているが、ゲームではそれはなく、那月に関係すること以外は無関心。
  • HAYATOの売り出し方や事務所のマネージャー等の設定はすべてアニメオリジナル。
  • レンが早乙女学園に入学した理由は、家族から芸能界に入り神宮寺財閥の広告塔になる様にと指示されたからである。
ゲームではとある理由で高校を辞め堕落したレンを心配した兄(長男)が早乙女に頼んで入れたが、レン自身は広告塔になるように入れられたと勘違いしていた。
  • 那月と翔が幼馴染設定になっている。ゲームでは幼少期にバイオリンコンクールで出会ったことがあるが、那月はその時のことを覚えていない。
  • アニメでは翔は那月の影響で高所恐怖症であったが、ゲームでは高所恐怖症なのは音也である。