1308507998-543abb86abab879ffe5fae8f94817edd

2011年に放送され大きな話題を呼んだテレビアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称「あの花」)が映画化され、2013年夏に公開されることが決まった。
8月5日、東京・お台場で開催された同作のイベント
「あの花夏祭 超平和バスターズのお楽しみ会」でサプライズ発表された。
イノタミ


同作は11年4~6月、フジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された全11話のアニメーション。

幼いころに起きたある事件がきっかけで疎遠になっていた 幼なじみの少年少女6人が、高校生の夏、死んでしまったはずの少女めんまが目の前に現れたことから、過去の傷を乗り越え、再び絆(きずな)を取り戻してい く姿を描いた。

深夜帯の放送ながらも瞬間最高視聴率は5.5%を超え、ブルーレイ&DVDは27万本以上を出荷。

「ZONE」の名曲 「secret base ~君がくれたもの~」をカバーしたエンディングテーマも話題となった。

また、作中の舞台となった埼玉県秩父市では、11年9月に行われたイベント 「ANOHANA FES.」に5000人以上を動員。

アニメファンが作品の舞台を訪れる「聖地巡礼」も盛んに行われ、秩父市や西武鉄道との観光タイアップなども相まって、 放送終了後もさまざまなムーブメントを起こしてきた。

映画化は公式サイトでも告知されており、詳細はまだ明らかではないが、「めんまの視点で紡がれる、あの夏の物語」になるという。

テレビ版に続き、長井龍雪監督のもと脚本を岡田麿里、キャラクターデザインを田中将賀が担当。制作も同じくA-1 Picturesが手がける。

  

☆劇場版「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 最新予告映像